オスグット病

<p>2021.08.14 土

オスグット病
【こんな症状でお困りではありませんか?】
・成長期に膝が痛い
・走ると膝が痛い
・膝のお皿の骨が腫れている
・しゃがむと膝が痛い
・膝の曲げ伸ばしで痛む
オスグット病とは
オスグット病はオスグット・シェラッター病と言います。
成長期の子どもが、膝の下部(脛骨粗面)に生じる痛みや発赤(ほっせき=皮膚が赤くなること)、熱っぽさや痛みを生じる病気です。膝関節を屈伸する動作を過剰に行なったときに、膝蓋靭帯(しつがいじんたい)が付着する脛骨粗面(けいこつそめん)に負荷がかかることによるもので、バスケットボールやサッカーなどのスポーツを活発に行なう10〜15歳発育の子どもに多く発症します。
オスグット病の原因
成長期の子どもは、骨の成長にその周囲の筋肉の成長が追いつかず、バランスがうまく取れていない場合があります。この時期は急激に骨が成長する時期で、筋肉が腱となり骨に付着しますが、付着部が成長軟骨なので弱く傷害されやすいのです。
大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の力は、膝蓋骨を経由して膝下の骨(脛骨粗面)に付着して、膝を伸展させる力として働きます。膝を伸ばす力の繰り返しにより、大腿四頭筋が膝蓋腱付着部を介して脛骨粗面を牽引するために、脛骨粗面の成長軟骨に過剰な負荷がかかり成長軟骨部が炎症や剥離することもあります。この時期は急激に骨が成長する時期で、筋肉が腱となり骨に付着しますが、付着部が成長軟骨なので弱く傷害されやすいのです。
ことぶき接骨院でできるオスグット病のアプローチ 
成長期の一過性の病気で、成長が終了すると、多くは治癒します。この時期は身体の成長に合わせた運動量のコントロールが大切です。この時期の成長は個人差が大きいので、チームの練習量が自分に合っているかはわかりません。
症状を強くさせないために寿接骨院では、大腿四頭筋の手技、ストレッチングやアイスマッサージなどを行い、痛みを軽減させスポーツを継続できるようにして行きます。

症状【ブログより】

  • 肘内障

    詳細を見る

  • 鵞足炎

    詳細を見る

  • オスグット病

    詳細を見る

  • 足底筋膜炎

    詳細を見る

  • 腱鞘炎 接骨院で治療が可能!!

    詳細を見る

  • 顎関節症

    詳細を見る

  • 足底筋膜炎

    詳細を見る

  • 腱鞘炎 接骨院で治療が可能!!

    詳細を見る

  • 顎関節症

    詳細を見る

KOTOBUKI

よくある症状