足底筋膜炎

<p>2021.08.10 火

足底筋膜炎

 

 

【こんな症状でお困りではありませんか?】

・足の裏を押すと痛い

・土踏まずがつっぱっている

・急に歩くと痛い

・運動後や運動翌日にかかと周辺が痛い

・朝起きて最初の1歩目が痛いが徐々に痛みが軽減する。

 

 

 

足底筋膜炎とは

足の裏に大きな負担がかかりすぎる事により引き起こされる炎症のことでこの炎症が痛みの原因になります。

足底筋膜は、運動するときだけではなく歩いたり走ったりと普段の生活の動きの中でも、衝撃を軽減させる

クッションのような働きをしています。

しかし、マラソンや走り回るスポーツいつも以上に歩いたなど、足裏に強い刺激をかけ続けることにより

足底筋膜が硬くなり炎症がおこります。

 

 

 

 

足底筋膜炎の原因

過剰な運動、いつも以上に歩いた

靴が合っていない

扁平足、足底アーチの崩れ

肥満や急激な体重の増加

加齢による筋力低下などが考えられます。

 

 

 

ことぶき接骨院でできる足底筋膜炎へのアプローチ 

まずはしっかりと問診を行い、症状や原因を把握します。

負担がかかった筋肉に、手技と組み合わせて筋膜リリースを行います。

また扁平足、足底アーチの崩れに対して自分の足に合ったインソール(中敷き)を処方も行います。

症状【ブログより】

  • 肘内障

    詳細を見る

  • 鵞足炎

    詳細を見る

  • オスグット病

    詳細を見る

  • 足底筋膜炎

    詳細を見る

  • 腱鞘炎 接骨院で治療が可能!!

    詳細を見る

  • 顎関節症

    詳細を見る

  • 足底筋膜炎

    詳細を見る

  • 腱鞘炎 接骨院で治療が可能!!

    詳細を見る

  • 顎関節症

    詳細を見る

KOTOBUKI

よくある症状